My Items

I'm a title. Click here to edit me.

第7回 JPC・ON LINE コンファレンス2022年新春特別企画(ESG投資拡大元年を迎えて)年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る-Ⅴ~欧米の先進ESG投資を学ぶ~

第7回 JPC・ON LINE コンファレンス2022年新春特別企画(ESG投資拡大元年を迎えて)年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る-Ⅴ~欧米の先進ESG投資を学ぶ~

予想していたがまさかと思われた、想定外のロシアのウクライナ侵攻が起こりました。
第7回JPCオンラインコンファレンスは、正にウクライナ侵攻の真っ最中でしたが、予定通り2月28日に開催させて頂きました。この様な状況下参加頂いた方々には厚く御礼申し上げます。
参加が叶わなかった方々は、是非、録画又はホームページの開催報告をご覧ください。
https://www.japanpensions.net/7th-video


当日の講演では、「ESGの源流にも遡りつつ、新しい、欧州の先進的ESG投資」をご紹介しました。講演は、ドイツのメッツラー・アセット・マネジメント株式会社(日本)に、新年特別企画第1弾に引き続きお願いしました。
メッツラーグループは、1674年創業の繊維貿易会社が起源で、1800年頃から銀行業に変身、更に1871年に資産運用業を開始し、日本法人は2001年に設立されました。現在のドイツのメッツラー・アセット・マネジメントGmbHは1995年に設立され、今でもプライベートバンクのメッツラー一族が唯一の株主との事です。又、ESG投資についても、ドイツの宗教投資家の資産運用受託をきっかけとして約20年以上の歴史を持っています。

同社は、買収等で規模の拡大を追わず、自律的成長で発展して来たとの事でしたが、今回の講演の中で、激動の欧州大陸の中で生き抜いてきた「知恵」を感じて頂けたでしょうか?私自身は、その知恵とは、「旧い物と新しい物の融合」ではないかと思いました。(今回紹介のあった戦略で言えば、譲れない倫理規範や価値観を維持しながら、最先端のテクノロジーを活用している。)

「投資を始めたいが、「所謂“ナンチャッテESG”を採用したくない」との声を、多くお聞きしています。同社が昨年より開始した「グローバル・エシカル・バリュー戦略(グローバル株式運用)」は、一般のESG投資より厳しい倫理規範で運用するESG投資という事です。そのような厳しい規範でリターンが下がらないか?検証する必要もありそうですが、年金基金にとってもその考え方は参考になるのではないでしょうか?

是非、今回の講演内容を検証し、ESG投資を開始するならばどのような戦略が納得できるか?皆様の年金基金内で議論頂ければと思います。市場動向は予測しがたく、年度末決算状況が心配と思いますが、ESGという長期的視点での資産運用についても一考頂ければ幸いです。

第6回 JPC・ON LINE コンファレンス2022年新春特別企画(ESG投資拡大元年を迎えて)年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る-Ⅴ~欧米の先進ESG投資を学ぶ~

第6回 JPC・ON LINE コンファレンス2022年新春特別企画(ESG投資拡大元年を迎えて)年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る-Ⅴ~欧米の先進ESG投資を学ぶ~

オミクロンでコロナ危機も継続していますが、皆様お変わりありませんか?本年もよろしくお願いします。今回は新年特別企画として、ESGの源流を辿るコンファレンスを開催しました。 先ず、国連共同職員年金基金CIO進藤氏から、「国連共同職員年金基金におけるサスティナブル投資の取組み」についてNYからライブでお話し頂きました。 国連では1999年から「責任あるビジネスプランをプロモートする」活動を開始し、それが金融・資産運用にも広がっていった、その一つの例が2006年に設定された国連の「責任投資原則」との事でした。現状ESG投資のメインは環境ですが、今後、S (社会・道徳)、G (ガバナンス)にも注力していくとの事です。 又、現国連事務総長が、「国連年金での脱炭素活動で、ポートフォリオの炭素排出量大幅削減」と新聞でもコメントしており、トップの関心も高いとの事、進藤氏も責任と遣り甲斐を感じられておられる様子でした。 「ESG投資を今から始める為のアドバイスは?」との質問にも、「環境対応は待ったなしでやるべき事、過去の市場リターンは順調だったが、将来の長期的市場リターンは環境破壊の影響もあり不透明、資産オーナーの役割としてその改善に資する運用は必然」とのお考えでした。又、「ESG投資は欧州が先行しているが、米国も急速に追いついている、程度の差はあるが、全くESGを考慮しない米国年金基金は無いのでは?」とのお話でした。 続いて社会的要求や歴史的背景から、ESG 投資をリードする勢いの欧州の ESG 投資について、ドイツのプライベートバンク、メッツラー社から、「欧州の資産運用における ESG」についてヴィースホイ弘貴氏より全体像、ダニエル・ザイラー氏からその詳細についてビデオで講演頂きました。 メッツラー社からのESG投資概略説明では、先ず、倫理的な理由等で問題ある企業への投資を避ける、次に銘柄選択にESG的要素を取り入れる、又、投資先企業へ投資家として影響力を発揮する(議決権行使、対話)という具合に進んでいったとの事ですが、これは国連年金とも共通するようです。具体的な銘柄選択やESG投資効果(特に欧州はESG効果が継続して大きい、米国でも近年急速に効果を発揮)の説明もあり、ESG投資についてイメージはつかめたのではと思います。 又、「規制強化で運用に弊害は無いか?」との質問に、「ESG的要素やESG規制を運用プロセスに取入れる事で、投資先との会話等から深く投資先を知る事が出来た。持続可能な投資とは、持続可能なビジネスモデルを見極める事と密接に関係している」との回答で、ESG考慮は長期的投資の基本的態度と納得しました。 いずれにしても、ESG投資、SDGs投資は、未だ歴史も浅く発展途上であり、規制・情報開示・運用手法等はこれからも日々発展改善されていくものだと思います。今回のコンファレンスが、ESG投資を年金運用に取り入れるべきか?日本の年金基金は米国・欧州に比べてESG投資にネガティブと感じられますが、皆様の議論の参考になればと思います。

第5回JPCオンラインコンファレンスを終えて 202年11月18日

第5回JPCオンラインコンファレンスを終えて 202年11月18日

コロナ危機の中でも、世界の投資市場では、ESG,SDGs投資の拡大が続いている。 このような状況下、今回のオンラインコンファレンスでは、「運用の新方策(ニューノーマル)を探る」の第3弾として、「企業年金のESG投資考察とクリーン・エネルギー・ファンドのご紹介」というテーマで開催した。 年金のような長期投資家にとって、長期目線での資産運用は必須であり、「社会的課題に立ち向かうESG・SDGs投資の隆盛はまだまだ止まらない。」との説明にも頷けた。 又、ESG投資で最も理解しやすい「E(環境)」にフォーカスした戦略として、CARVAL社の「クリーン・エネルギー(太陽光)・ファンド」を紹介した。本戦略は、太陽光発電会社等のキャッシュ・フローに着目したクレジット投資がメインとの説明であり、米国電力需要は今後も拡大が予想されるなかで、脱炭素への社会的要請は、クリーン・エネルギー(太陽光)発電を益々盛んにし、その資金需要は今後も旺盛との事であった。又、同社は、比較的小規模で利回りの高い発電所案件にも注力し、それを、要求利回りの低い大型インフラファンドに売却する等の入替えで収益底上げの努力している事例紹介もあり、米国投資会社のバイタリティも感じられた。 CARVAL社は、NYに拠点のある「Soleil Global Advisors社」から紹介を受けたが、海外投資案件、特に小粒でもピリッとした戦略や、日本では余り有名ではないが自国では運用力が高く、信頼できると評価されている運用会社の発掘には、言語と地理的壁を超えたネットワークが必要であり、同社のようなマーケティング会社の役割も重要であると改めて認識された。 日本では、「企業への貸出」に年金が投資する手段が余り存在しない中、脱炭素という社会課題解決にも寄与でき、資金需要も継続すると予測される米国での「太陽光発電へのクレジット投資」を年金資産の投資対象とする事は可能か? 是非議論して頂ければと思ます。

第2回JPCオンラインコンファレンスを終えて 2020年11月18日

第2回JPCオンラインコンファレンスを終えて 2020年11月18日

マーケットメーカーズ、アドバイザーの矢野です、今回も視聴者として参加しました。 1部は、タワーズワトソンの堀内コンサルタントから、「今後のショック再来に備えた年金資産運用」という題目で、不透明な経済市場環境が継続すると予測される中で、年金資産運用はどう対処すれば良いのかという実践的な内容でした。 詳細は省略しますが、印象に残ったのは、「現状の自社年金のガバナンスが充分でなくても、それを補完する手段を作るべき」との提案でした。「会社の運用に対する理解が低い」とか、「リスク管理する為の人材要員がいない」とか、兎角やらない理由を探しがちですが、現状のガバナンスでも出来る事を探すとか、一部をアウトソースするとかの工夫をし、少しでも資産運用の効率向上への努力をすべきとの提案には説得力を感じました。 2部は、IFMの正田在日代表から、「コロナ危機下におけるインフラ投資」という題目で、コロナ危機後の種々資産とインフラ資産のパフォーマンス比較や、インフラ資産内の各種資産の状況についての説明がありました。コロナ危機で世界の人の動きは消滅し、空港等のインフラ案件は壊滅したのでは?と心配されている年金基金の方も多いと思いますが、インフラ資産の評価下落は、株式、事業債などより低いとの説明もあり、少し安心されたと思います。(コロナ危機といったショック時にも、株式等の上場資産は、売買が成立する事で評価は大幅に下落する。一方上場されていないインフラ資産も、リスクプレミアム(将来収益を現在価値に割引く金利)を評価者が見直す(上げる)事で、価値評価は下がる」がその影響は相対的に少ないとの説明) しかし、インフラ資産のなかでも、空港等の下落は大きく、再生エネルギー、通信、水道事業関係のインフラ資産の下落は相対的に低かったとの事でした。やはり、ここでも「分散が大事」との結論でした。 現在、債券金利はほぼ「0」ですが、事業収益の裏付けのあるインフラ資産は、年金のような長期投資には、相性の良い投資対象ではないかとのお話でした。皆様はどのようにお考えですか? 反対意見も大歓迎です、どしどしご意見を頂けたら、幸いです。(議論する事が大事と思います) 今回の両社の資料は、直接、以下のプレゼンターにご用命ください。 タワーズワトソン・インベストメント・サービス:堀内氏 kuniko.horiuchi AT willistowerswatson.com IFM Investors:正田氏 yuji.shoda AT ifminvestors.com

ATは@に変更します。

第4回JPCオンラインコンファレンスのご案内

第4回JPCオンラインコンファレンスのご案内

年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る Ⅱ 『米国ダイレクトレンディングのご紹介』 2021年度も早2か月が経とうとしています。日本では第3回目の非常事態宣言が発出され、まだまだコロナ禍から抜け出せそうにありませんが、一部の国々ではワクチン接種が進み、経済も急速に回復、インフレの懸念も現れており、所謂「K字経済」の先行きは複雑で見通しの難しい状況です。 前回の第3回JPC・オンラインでは、世界的に従来の効率性重視の経済から、危機発生にも耐久性のある「持続可能性」を重視した経済再生の必要性が議論されており、年金資産の運用についても、「投資対象資産の再定義が必要」との提案をさせて頂きました。 今回は、モニターキャピル社の協賛で、米国ペナントパーク社の米国ミドルマーケット企業への貸付けに特化した「米国ミドルマーケット・ダイレクトレンディング戦略」の魅力・弾力性、コロナ後の投資機会についてご説明を致します。ダイレクトレンディングは、前回の講演でも紹介されたプライベートデット投資の一種です。今回は、同社の創業者及び運用担当者も米国からのビデオで講演します。バイデン政権の経済瀬策やインフレ懸念等直近の状況についても、現地の生の声をお伝えします。事務所或いはご自宅から、オンラインならではの現地の情報・映像をご堪能下さい。充実した1時間、是非ご参加お願い申し上げます。 (英語での講演になりますが、字幕で日本語通訳します。Q&Aは、日本語でのやり取りが可能です) 日 時: 2021年5月26日(水) 15時~16時
対象者: 年金基金資産運用担当者
参加費: 無 料
主 催: 株式会社マーケットメーカーズ
協 賛: ペナントパーク・インベストメント・アドバイザーズ(PPIA) モニターキャピタル社 申込み: 事前申し込み制 5/24(月)迄 コンファレンス当日
“招待メールのURL”をクリックして参加
  開始時刻の10分前より接続可能
  質問随時(回答後日)、アンケート 申込(登録)はコチラ:
https://www.japanpensions.net/webinar
1.基金名、氏名、メールアドレス、電話番号を入力
2.当社でお申し込み確認後、招待メール(参加URL)を返信。未着の際はご連絡を。 アプリ : ZOOM https://zoom.us/download#client_4meeting

第3回JPCオンラインコンファレンスのご案内

第3回JPCオンラインコンファレンスのご案内

年金基金資産運用の新方策(ニューノーマル)を探る 年金資産運用は、想定以上の市場回復で、この20年間での3度目の大きなショック:「コロナショック」を無事乗り切れたかに見えます。又、コロナの流行も、各国でのワクチンの投与開始などの対策進展で、早晩収束に向かうのではとの見通しも出始めています。 しかし、コロナショックの前から現れていた格差拡大や日米欧を巻き込む米中覇権争いは継続し、世界の分断は益々深くなろうとしており、又、コロナショックによりデジタル化の急進展等、社会・世界経済の構造変化は加速、年金基金・運用会社双方とも活動の方向・舵取りを見直す必要に迫られているのではないでしょうか? 今回、JPC・オンラインは、パートナーズ・グループ・ジャパン株式会社の協賛により、「今後の20年間の社会の変化を読み解き、結果として年金運用がどのように変化するかを予測し、アフターコロナ時代の年金資産運用は如何に対処すべきか」を提案したいと思います。充実した1時間、是非ご参加お願い申し上げます。 日 時: 2021年4月21日(水) 15時~16時
対象者: 年金基金資産運用担当者
参加費: 無 料
主 催: 株式会社マーケットメーカーズ
協 賛: パートナーズ・グループ・ジャパン株式会社 申込み: 事前申し込み制 4/19(月)迄 コンファレンス当日
“招待メールのURL”をクリックして参加
  開始時刻の10分前より接続可能
  質問随時(回答後日)、アンケート 申込(登録):
https://www.japanpensions.net/webinar
1.基金名、氏名、メールアドレス、電話番号を入力
2.受け付け後、招待メール(参加URL)をお届け アプリ : ZOOM https://zoom.us/download#client_4meeting

JPCオンライン第1回を開催致しました。

JPCオンライン第1回を開催致しました。

10月7日に開催されたオンラインコンファレンス(以下OC)を視聴者として参加しました。日本経済新聞等の開催するOCに参加した事はありますが、それに対比し、1時間という短時間でしたので、集中出来ましたが、これでもかなり疲れました。(集中出来るのはせいぜい1時間?) スピーカーの当意即妙の受答えや態度から、説明する運用戦略への自信や知識を測る事については、リアルには負けますが、説明内容を冷静に理解する為には、OCで十分と感じました。 さて、当日の内容を簡単に紹介します。 SSGA社の世界株式市場見通しは、「楽観だがマクロ経済リスクには注意が必要」でした。従って、投資戦略は、「株式ウエイトは維持(+機動的調整)」、投資のフレームワークは、「市場見通しに合わせて、守りはファクター投資(+攻めはアクティブな個別銘柄選択)」でした。 又、同社が推薦するファクター投資は、「クオリティ(持続的な利益成長重視)と低ボラティティの2つのファクターを組み合わせた戦略」でした。「基本楽観だが市場のリスクには注意が必要」との市場見通しから、下値抑制を重視しながらも、2つを組合せある程度上昇にも追随しようという戦略との事です。 (バフェットの過去の好成績を分析すると、クオリティと低リスクで説明できる事でも判るように、ファクター投資は理論的にも実証的にも検証された納得感ある手法との事です。又、2つの戦略間は相関が低いので、この2つを組み合わせるのは合理的等の説明もありました) 素人の講演内容まとめはこれ位にします。もっと詳細を知りたいとご興味がある方は、直接SSGA社(営業部門)にお問い合わせください。 来月以降も、オンラインコンファレンスを継続していく為にも、皆様から「次はこんなテーマで等のご要望をどんどん出して頂ければ、大変助かります。よろしくお願いします。 (マーケットメーカーズ、コンファレンス事業、アドバイザー、矢野)